桜縁では特定の事業を就活領域では行っていません。終活の総合窓口として、また終活領域の監査機関としても活用いただけます。代表の渡邊が葬祭業及び介護系人材業に長らく従事し葬儀の前後から全体像についてアドバイスができるので、介護だけ、葬儀だけでは無く埋葬・供養・保険・相続の観点からもご相談が可能です。

終活とは?

終活とは人生の最後の準備、60代以上で考えれば良いと思う方が多いですが、実は20〜50代のお子さん・お孫さん世代が直接の当事者なのです。介護・葬儀・供養・相続全ての当事者は次世代だからです。また、終活を人が亡くなった後のこと、人生の整理整頓と考える方も多いですが、より良いセカンドライフを送る人生設計のために必要なことです。保険のようにいざと言う時に困らないライフプランニングとして就活を20代以上の皆さんがご準備なされることを桜縁は推奨しています。

終活のはじめ方

まずは一番気になるポイント(セカンドライフ・介護・介護施設・葬儀・お墓・お寺・宗教・散骨・保険・互助会・相続・遺言・信託・遺品整理・etc)からご相談ください。

桜縁でできる終活サポート内容
1 セカンドライフ・介護についての総合相談
2 葬儀の事前相談・葬儀社紹介・見積施行帯同
3 見積書の精査
4 お墓の相談
5 埋葬方法の相談
6 法要・法事の相談
7 相続の相談
8 遺言・信託の相談
9 保険の相談
10 終活の総合相談

まずは、個別相談・セミナー・メールなどでお気軽にご相談ください。